早めに連絡をする|トイレ詰まりは早めに解決|水道修理業者に依頼すること

トイレ詰まりは早めに解決|水道修理業者に依頼すること

早めに連絡をする

修理

私は以前住んでいたマンションで、良く排水つまりを起こしていました。このマンションはとても古く、排水管などの設計があまり考えて作られていなかったのでしょう。他の住人も、良く台所やトイレ詰まりが発生していたようで、修理業者の姿を頻繁に見かけましたよ。こういう場合は、排水管自体が排水つまりの原因ですから、何の対処もしようがありません。「あれ?流れが悪いな」と思ったら、水を流さないくらいしか出来ませんでしたから。家賃が安い以外のメリットは一切なかったと言い切れるマンションでしたね。
家賃は安くても、良く水回りのトラブルが起こっていたので、その修理費が必要でしたしね。あまり深く考えずに、引越しをしてしまった事にとても後悔しましたね。だから、その次に住んだ家は、水回りのトラブルは無いか良く確認してから決めましたよ。単純に古いからという理由だけではなかったと思いますが、古めのマンションや住宅に引越しをする時は覚悟しておいたほうがいいかもしれません。

ただのトイレ詰まりだろうと甘く見ていると、最悪の結果を招いてしまうかもしれません。例えば、排水管の破裂。もし、トイレ詰まりを起こしてしまっている所に、大量の排水が流れて来てしまったとしたら・・・パイプが耐え切れずに、破裂してしまう可能性だって十分にあります。さらに、破裂したパイプからは大量の排水が流れて来ます。それがたまたま部屋の真上だったとしたら、天井から水漏れが起きてしまうでしょう。実際に、古いマンションでは、トイレ詰まりやなどの排水つまりから、水漏れを起こしてしまうケースがあるようです。
もしも、そのような状況になってしまったら、とても素人で対処出来るレベルではありません。すぐに修理会社や大家さんに連絡し、排水管を修理してもらいましょう。水漏れを起こしてしまった場合に、たまに電化製品などが使えなくなってしまう事もあります。その場合は、弁償して貰えるという話なので、管理会社や大家さんにキチンと報告しておきましょう。